東京大学大学院表象文化論コースWebジャーナル
東京大学大学院表象文化論コース
Webジャーナル

『Phantastopia』について

『Phantastopia』(パンタストピア)は、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コースの学生紀要です。論文の執筆資格を有するのは、表象文化論コースに所属する修士課程・博士課程の学生です。また、執筆のみならず、論集の運営や編集の活動も学生が主体的に担っています。

表象文化論コースは、芸術学(美術、音楽、映画、舞台芸術)を中心としつつ、思想や文学、漫画、アニメ、ゲームなどのいわゆるサブ・カルチャー、ジェンダー/セクシュアリティ研究など、幅広い領域に時代や地域を問わず学際的にアプローチすることを共通理念として、1989年の発足以来、アクチュアルな関心のもとで人文学の刷新と拡張に貢献すべく努めてきました。その成果の一つが、学生論文集として2003年から2013年にわたって刊行されていた『表象文化論研究』です。『Phantastopia』は、表象文化論コースにおいてこれまで培われてきた学術的な積み上げを継承しつつ、利便性や公共性といったウェブジャーナルならではの強みを活かすことで、従来の冊子媒体に代わる新たなプラットフォームとしての可能性を切り開いていくことを目指します。

誌名の『Phantastopia』は、ギリシャ語で「表象(representation)」に相当する“phantasia / φαντασία”と、「場所」を意味する接尾辞“-topia”をかけ合わせた造語です。表象文化論コースの大学院生が自らの研究を対外的に発信するとともに、多岐におよぶ領域を専門とする多様なメンバーが集い、互いに関心を共有し議論を交わし合う広場のようなウェブサイトとなるよう思いを込めました。

MEMBER

編集委員

『Phantastopia』第1号 編集委員会

一之瀬ちひろ、梅谷彩香、岡俊一郎、乙幡亮、陰山涼、小手川将、銭清弘、谷口奈々恵、野上貴裕、福井有人

(敬称略 50音順)

表象文化論コース教員

朝倉友海、一條麻美子、沖本幸子、ジョン・オデイ、加治屋健司、マチュー・カペル、河合祥一郎、韓燕麗、北田暁大(兼担)、桑田光平、清水晶子、竹峰義和、田中純、長木誠司、中井悠、中島隆博(兼担)、乗松亨平、星野太、森元庸介

(敬称略 50音順)2022年3月現在

Webサイトデザイン

小林雅人(BOSCO)

CONTACT

お問い合わせ

E-mail

contact[at]phantastopia.com([at]を@に置き換えてください。)

住所

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院 総合文化研究科 表象文化論研究室(18号館3階)
表象文化論研究室Webサイト